まるでお家にいるような安心感、ソラストが選ばれています

ソラストからのメッセージ ~保育事業~

深い愛情に包まれて過ごす「もうひとつの我が家」へ

ソラストの保育サービスの基本理念は、「お母さんの手のように」。2002年、「マミーズハンド」のブランド名でスタートした認証・認可保育所は、「ソラスト」に名前を変えても、保護者の皆さまに安心してご利用いただける施設として、質の高いサービスを提供し続けてきました。

ソラストが目指すのは、「もうひとつの我が家」。子どもたち一人ひとりの元気で健やかな毎日のため、ご家庭の延長線上のような、つまり「お母さんの手のように」深い愛情を持った保育を行っています。子どもたちを元気にする保育が、保護者の皆さまの元気にもつながります。

すべてはそこに暮らす子どもたちのために

ソラストの保育サービスの特徴は、地域に開かれた保育園として、通園する園児だけでなく、地域の子育て家庭にも施設を開放し、子育て全般をサポートしている点にあります。たとえば、離乳食試食会や講演会、育児の悩みの相談会などを開催。また、親同士のつながりを作る公開保育などの取り組みを通して、地域社会と一体となり、地域の子どもたちの成長を見守っています。

子どもたちのあしたを、保護者の皆さまのあしたを、そして地域のあしたを元気にしたい。ソラストはこう考えています。

安心・安全できめ細やかな保育サービスを提供

ソラストは、大切なお子さまをお預かりする以上、想定されるあらゆる事態に的確に対処できる人材と体制、環境が必要不可欠と考えています。ソラストのスタッフは、全員が保育のプロフェッショナルです。定期的な研修を通じて知識と技術の維持向上に努めるとともに、保護者の皆さまのあらゆる不安を解消するために知恵をしぼり、安心・安全できめ細やかなサービスの提供に努めています。ソラストなら、安心してお子さまをお預けいただけます。

お問い合わせ