人工知能KIBITを活用し、新入社員の離職を防ぐ取り組みを開始

 株式会社ソラスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川 泰彦、以下、ソラスト)は、人工知能を駆使したデータ解析事業を手がける株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本 正宏、以下、FRONTEO)の人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」を用いて、新入社員の離職を防止し、社員の定着率を高める取り組みを4月下旬から本格的に開始いたします。

 KIBITは、FRONTEOが人工知能関連技術と行動情報科学を組み合わせ、独自に開発した日本発の人工知能エンジンです。ソラストはサービスの中核をなす「人」への取り組みを成長戦略の1つとして位置付けており、これまで実施してきた社員への面談記録のテキストデータをKIBITによって解析・学習、スコア化することで、不安や不満を抱える人を早期に発見し、適切なフォローへつなげます。

 詳細につきましては、以下のプレスリリースをご覧ください。


株式会社ソラスト 株式会社FRONTEO 2017年3月9日プレスリリース
「ソラスト、FRONTEOの人工知能KIBITを活用し、新入社員の離職を防ぐ取り組みを開始」(PDF967KB)



【報道関係者のお問い合わせ】

■ 株式会社ソラスト 広報室
TEL:03-3450-2724

お問い合わせ・取材お申し込みフォームはこちら


■ 株式会社FRONTEO 広報担当 池内、西岡
TEL:03-5463-6380
E-mail:pr_contact@fronteo.com

お問い合わせ