株式会社ソラスト、保育事業で短時間正社員制度を導入

人材確保による園児の受け入れ体制の向上を目指す

 株式会社ソラスト(本社:東京都港区、社長:石川泰彦)は、2015年10月1日より、保育事業に従事している保育士及び新規採用者を対象に、所定労働時間を1日6時間、週30時間とする短時間正社員制度を導入します。
 短時間正社員は、パートタイムとは異なり、雇用期間の定めがなく、基本給、昇給の算出や休日の規定に関して正社員に準ずる扱いとなります。一方で、短縮された勤務時間に応じて給与の減額が行われます。また、残業は原則ないため、ワークライフバランスをとりながら無理なく仕事を続けられます。
 今回の短時間正社員制度の導入により、育児などで就業の制約を受けることが多い「潜在保育士」に働き方の選択肢を広げ、再就業を積極的に支援することで、潜在する労働市場開拓を図ります。
 ソラストでは、現在、東京都認証保育所を中心に13か所の保育園を運営しておりますが、保育士の確保と育成を最も重要なテーマとして掲げております。待機児童を解消するためにも、今後も女性の働き方などに関する支援制度を一層充実させ、人材の確保及び定着率の向上により、園児を最大限に受け入れる体制作りを目指してまいります。
 詳細につきましては、以下のプレスリリースをご覧ください。

株式会社ソラスト 2015年10月1日プレスリリース
「株式会社ソラスト、保育事業で短時間正社員制度を導入」(PDF 583KB)

ソラスト保育サービス ホームページはこちら


【報道関係者のお問い合わせ】

株式会社ソラスト 広報室
TEL:03-3450-2724 FAX:03-3450-2741

お問い合わせ・取材お申し込みフォームはこちら

お問い合わせ