ソラスト、子供を持つ母親の「働き方」に関する意識調査結果を公表

自分らしいワークライフバランスと良い生涯キャリアの形成が
幸福度の高い生活を醸成

 株式会社ソラスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川 泰彦、以下「ソラスト」)は29日、子供を持つ30~40代の一般女性600名を対象とした「働き方」に関する意識調査を行い、このほどその結果を公表しました。

 ソラストは医療事務、介護、保育を主力事業に据え、地域社会と一人ひとりの生活に密着したサービスを提供しています。同社の全国の従業員約24,000人の内、約90%は女性であり、中でも30~40代が大半を占めています。このことから、女性の活躍はソラストの成長に直結しているといえます。
 今回の調査はソラストの成長のカギとなる子供を持つ母親の働き方に対する志向を把握し、会社が目指す方向性を確認する目的で実施したものです。

 調査結果サマリーは以下の通りです。

ソラスト【子供を持つ母親の「働き方」に関する意識調査】結果サマリー

▼「働き方の意識」について

「ワークライフバランス」や「ライフスタイル・ライフステージに合わせた働き方」を重要視する女性が大多数

  • 「自分らしいワークライフバランスを大切にしたい:87.5%
  • 「自分のライフスタイルやライフステージに合わせて働き方を選びたい:84.0%
  • 「育児との両立制度の充実や働きやすさを、会社や職場にもっと重視してほしい:84.0%

▼ 現在働いている職場での「働き方の実態」について

「ワークライフバランス」に加え「長く働き続けられること」が実現できている女性が多数を占める

  • 「自分らしいワークライフバランスを大切にできる:68.3%
  • 「自分のライフスタイルやライフステージに合わせて働き方を選ぶことができる:57.5%
  • 「会社や職場は育児との両立制度の充実や働きやすさをに重視している:67.3%

長期的な目線でキャリア形成を望む女性が半数以上

  • 「継続して長く働くことによりキャリアを積んでいきたい:57.1%
  • 「ライフスタイルに伴う働き方の変化があっても、これまでのキャリアを活かしていきたい:56.8%

▼ 現在働いている職場での「キャリア形成の実態」について

長期的な目線でキャリア形成ができる女性が半数近く

  • 「継続して長く働くことによりキャリアを積んでいくことができる:46.5%
  • 「ライフスタイルに伴う働き方の変化があっても、これまでのキャリアを活かすことができる:42.1%

▼「働き方」×「キャリア形成」×「幸福度」について

ワークライフバランスを大切にしながら継続して長くキャリアを形成する女性は幸福度が高いと感じている

  • ワークライフバランスとキャリア形成の両方ができている人の84.8%は「幸福度が高い」と回答


調査結果の詳細は、以下のプレスリリースをご覧ください

株式会社ソラスト 2017年9月29日プレスリリース
【ソラスト、子供を持つ母親の「働き方」に関する意識調査結果を公表】(PDF1.2MB)

(調査概要)
□ 調査方法 :インターネットによるアンケート調査
□ 年齢・性別・サンプル数:全国の30代~40代の子供を持つ母親 合計600サンプル
□ 調査期間:2017年4月27日~2017年5月1日

 ソラストは本調査の結果を踏まえ、今後も生産性向上の取り組みによってワークライフバランスのさらなる推進を図るとともに、中長期的なキャリア形成を目指せる教育プログラムを拡充するなど、「働き方の変革」を進めることで、当社で働く女性がもっと美しく輝ける職場の実現を目指していきます。



【報道関係者のお問い合わせ】

■ 株式会社ソラスト 広報室
TEL:03-3450-2724

お問い合わせ・取材お申し込みフォームはこちら


お問い合わせ