ソラストグループのダイバーシティ

ソラストグループでは、人種や年齢、性別、障がい等、多様性(ダイバーシティ)の推進に取り組むため、「ダイバーシティポリシー」を制定しております。
従業員一人ひとりが、互いを理解し、認め合い、個々の特性や魅力を反映させながら仕事に参画できる働き方を推進していくと同時に、多様性を尊重する社会へ貢献してまいります。

ダイバーシティポリシー

「ソラストグループ行動基準」内で、ダイバーシティポリシーを制定しています。

基本方針

私たちは、個々の特性や魅力を反映させながら、仕事に参画できる職場づくりに努めます。

具体的行動

  • 人種、年齢、性別、性自認・性的指向、障がいの有無等にかかわらず、多様性や個性を尊重し、理解を深め合います。
  • 多様性をないがしろにした対応により、相手を不快にさせないとともに、他人がこれを行わないよう防止します。
  • 自らが不快と感じた対応を受けた時、あるいは見聞きした場合、所属長や職場の相談窓口に相談するなど、勇気を出して行動します。
  • 相談した社員が、相談したことにより不利益を受けることを許しません。
  • 職場内外に関わらず、上記の事項を適用し、多様性を尊重する社会へ貢献します。

6つのダイバーシティ

ソラストグループでは、現在3万人以上と非常に多くの社員が活躍しています。
私たちは、この一人ひとりが特性や魅力を反映させながら、仕事に参画できる職場を目指すために、以下の6つを柱にダイバーシティを推進します。

女性の活躍推進

仕事と家庭両立支援

障がい者雇用の促進

高齢者の活用

外国人労働者の受入

性的マイノリティの支援

それぞれのテーマの方針

女性の活躍推進

約9割が女性社員であるソラストにおいて、女性の活躍推進は必須のテーマです。「柔軟な働き方で、女性が働きやすい会社」を目指します。

仕事と家庭両立支援

育児・介護を抱えながらでも働ける仕組みを整備します。

ソラストではこれまで次世代育成支援対策推進法に基づき、仕事と育児との両立支援のため、「行動計画」を策定しました。
このような取り組みが評価され、子育てサポート企業として2008年、2011年、2015年に「くるみん」認定を受けています。

障がい者雇用の促進

特例子会社を設立し障がい者雇用を継続的に促進しています。グループ会社へもノウハウを提供し、グループ全体で障がい者雇用を進めています。

高齢者の活用

シニア層も貴重な人材と捉え、60歳以上の社員が約2,500人在籍しています。これは全社員の約10%にあたり、経験を活かして働き続けられる環境を構築しています。

外国人労働者の受入

昨年に引き続き、2期生となるベトナム人技能実習生の受け入れを実施しました。将来的には母国ベトナムで活躍できるよう、全面的にサポートしていきます。

性的マイノリティの支援

同性パートナー(同性の事実婚関係にある方)を"配偶者"として認める「パートナー制度」を設けています。
この制度により、同性パートナーを持つ従業員は、特別休暇や育児・介護休業、弔慰金等の各種制度の適用を受けられるようになります。

2020年10月1日プレスリリース「同性パートナー制度を導入し、性的マイノリティ(LGBT)の支援を推進」

お問い合わせ