株式会社ソラストのウェブサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。
当社では、Microsoft社の発表を受けて、情報セキュリティの観点から、
Internet Explorerへのサポート対応を終了させていただいております。
ご利用いただくには、以下のブラウザに切り替えていただけますでしょうか。
誠に恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

※ダウンロードとインストール方法などにつきましては、ブラウザ提供元へお問い合わせください。

ニュース

プレスリリース

11月11日"介護の日" 親子の老後と介護に関する意識調査結果

11月11日 "介護の日" 親子の老後と介護に関する意識調査結果

親の老後に不安を感じる人は8割以上
しかし約3割しか親と「親の介護」を語っていない

 介護、医療事務、保育サービスを提供する株式会社ソラスト(本社:東京都港区/代表取締役社長:藤河 芳一)は、厚生労働省が定めた「介護の日」(11月11日)にあわせて、全国の20代~50代男女500名を対象に「親子の老後と介護に関する意識調査」を実施いたしました。


11月11日 "介護の日" 「親子の老後と介護に関する意識調査」調査結果サマリー

191111_kaigonohi.png

  1. 親の老後に不安を感じる人は8割以上(85.6%)
    きっかけは「親が年老いた」(72.2%)
  2. 親子で「親の介護」について話した経験のある人は3割弱(28.8%)
  3. 自分の老後に向けて準備している人はわずか2割(21.4%)
  4. 自分の老後に向けて、約4割は「貯金していない」(39.2%)
    最も多い貯金額帯は 「100万~300万円未満」(12.4%)

早いうちから親御様の老後や介護について、親子で会話し、向き合う時間を。

191111_kaigonohi.png

調査の結果、なんと8割以上(85.6%)の方が「親の老後に不安を感じている」という事実が明らかになりました。
一方で、「親の介護」について親子で話したことのある方はわずか3 割弱(28.8%)にとどまり、7 割以上の方は「話した経験がない」という事実が明らかになりました。

介護は決して特別なことではなく、とても身近な生活の一部です。今日11 月11 日は「介護の日」、社会全体で介護について考える日です。親御様に面と向かって話すことに抵抗を感じるかもしれませんが、会話の数を増やすことで不安は少しずつ解消されるはずです。 お互いが悔いの残らない生活を送るためにも、今回の調査結果が、ご家族での会話のきっかけになれば幸いです。

 詳細につきましては、以下のプレスリリースをご覧ください。


株式会社ソラスト 2019年11月11日プレスリリース
【11月11日介護の日「親子の老後と介護に関する意識調査」結果】(PDF 1.5MB)




【報道関係者のお問い合わせ】

■ 株式会社ソラスト 財務経理・コーポレートコミュニケーション本部 広報課
TEL:03-3450-2724

お問い合わせ・取材お申し込みフォームはこちら