2018.12.06

株式会社ソラスト、初診受付システムを10病院に導入

ICTの活用により、患者の待ち時間短縮を図る

 株式会社ソラスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川 泰彦、以下「ソラスト」)は6日、初診患者が、保険証番号などの情報を簡単に入力できる「初診受付システム」の導入病院が、11月末までに10施設に達したと発表しました。

 本システムによって、初診患者の必要情報が正確に、また効率よく病院のデータベースに取り込むことができ、患者の待ち時間の短縮にもつながっています。

 ソラストはサービス業におけるデジタルカンパニーを目指しており、ICTを活用した患者サービスの向上や受付業務の効率化など、病院における医療事務分野の様々な課題解決やサービス品質の強化、新ビジネスの創出を目指しています。

 今後も本システムを導入する病院を増やしていくとともに、本システムをはじめとしたICTをより積極的に活用していきます。

 詳細につきましては、以下のプレスリリースをご覧ください。


株式会社ソラスト 2018年12月6日プレスリリース
【株式会社ソラスト、初診受付システムを10病院に導入 ~ICTの活用により、患者の待ち時間短縮を図る~】(PDF 735KB)




【報道関係者のお問い合わせ】

■ 株式会社ソラスト 情報・コミュニケーション企画部 広報室
TEL:03-3450-2724

お問い合わせ・取材お申し込みフォームはこちら


お問い合わせ