2019.1.23

ソラスト、大東建託グループとの協業による初のサ高住をオープン

 株式会社ソラスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川 泰彦、以下「ソラスト」)は23日、大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:熊切直美、以下「大東建託」)のグループ会社、大東建託パートナーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤功次)との協業による初めてのサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)『エルダーガーデン四條畷(しじょうなわて)』の完成(2月末予定)に伴い、4月1日(月)より入居・介護サービスの提供を開始すると発表しました。

 大東建託グループとソラストは、地域のニーズに即した形で両社グループの事業の拡大・強化を図り、企業価値の向上を図る目的で2015年12月に資本業務提携を行いました。『エルダーガーデン四條畷』(大阪府四條畷市中野)は、この提携に基づく協業の第1弾となります。

 『エルダーガーデン四條畷』は、大東建託グループが建物の設計・施工から入居者募集などの建設・不動産事業を担い、ソラストが入居者への食事や生活支援サービスの提供、及び併設する訪問介護や居宅介護支援の事業所を運営します。
 四條畷市は、ソラストにとって未進出のエリアであり、今回の大東建託との協業は、スピード感のある事業展開エリアの拡大とエリア内で提供できるサービスの充実に寄与します。

 ソラストは今後も大東建託グループとのさらなるシナジーを追求し、医療事務・介護・保育の各事業における広範囲な協業を推進していきます。

 詳細につきましては、以下のプレスリリースをご覧ください。


株式会社ソラスト 2019年1月23日プレスリリース
【株式会社ソラスト、大東建託グループとの協業による初のサービス付き高齢者向け住宅を4月1日にオープン】(PDF 735KB)




【報道関係者のお問い合わせ】

■ 株式会社ソラスト 情報・コミュニケーション企画部 広報室
TEL:03-3450-2724

お問い合わせ・取材お申し込みフォームはこちら


お問い合わせ