ニュース

  1. トップ
  2. ニュース
  3. AIカメラの導入で広がる介護の未来!
プレスリリース
公開日/2019.08.05 更新日/ 2024.06.21

AIカメラの導入で広がる介護の未来!

“ご利用者様のニーズを分析する”検証を開始!満足度向上を目指します

 介護、医療事務、保育サービスを提供する株式会社ソラスト(本社:東京都港区/代表取締役社長:藤河 芳一、以下 ソラスト)とAI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティム(東京本社:東京都港区/代表取締役社長:菅谷 俊二、以下 オプティム)は、ソラストが運営する一部のデイサービス施設に、オプティムが提供する「OPTiM AI Camera」を設置し、従業員のオペレーションをAIで可視化してニーズを分析する検証を9月よりスタートします。

 両社は介護現場での映像や音声、センサーなど、あらゆるデータをAI・IoTプラットフォームへ収集・検証を行います。2020年度中にこの検証を活用し、「OPTiM AI Camera」によるご利用者様の転倒事故の早期検知やご利用者様同士のトラブルをはじめとするリスクの事前検知、施設内環境の自動最適化を図るなど、ご利用者様の一人ひとりに寄り添った魅力ある介護運営を目指すとともに、さらなる満足度の向上を図ります。

 詳細およびご取材のご案内につきましては、以下のプレスリリースをご覧ください。


株式会社ソラスト・株式会社オプティム 2019年8月5日プレスリリース
【AIカメラの導入で広がる介護の未来!_2019年8月5日】(PDF 746KB)



【報道関係者のお問い合わせ】

■ 財務経理・コーポレートコミュニケーション本部 広報課
TEL:03-3450-2724

お問い合わせ・取材お申し込みフォームはこちら