ニュース

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 「不妊治療」や「性別適合手術」のための特別休暇制度を開始
プレスリリース
公開日/2021.04.01 更新日/ 2024.06.21

「不妊治療」や「性別適合手術」のための特別休暇制度を開始

勤続年数に関わらず“有給”で休暇を取得することができます

 医療事務や介護、保育サービスを提供する株式会社ソラスト(本社:東京都港区/代表取締役社長 CEO:藤河 芳一)は、2021年4月1日(木)より、「不妊治療」や「性別適合手術」、「ホルモン治療」のために、特別休暇を“有給”で取得できる制度<ウェルネス休暇>を新たに導入いたします。

 当社の<ウェルネス休暇>の特徴は、勤続年数に関わらず、月2日まで“有給“で休暇を取得できることです。また取得の際は、通常の休暇と同様、所属長へ申請を行い、診断書等の提出は原則不要です。

 当社ではこれからも、従業員一人ひとりの特性や魅力を反映させながら、多様な価値観を社員同士が 尊重し合い、すべての社員が「今後もソラストで働き続けたい」と思える会社を目指していきます。

詳細につきましては、以下のプレスリリースをご覧ください。

株式会社ソラスト 2021年4月1日プレスリリース
【「不妊治療」や「性別適合手術」のための特別休暇制度を開始】


【報道関係者のお問い合わせ】

■株式会社ソラスト 広報課
 TEL:03-3450-2724
 Email:koho@solasto.co.jp

お問い合わせ・取材お申し込みフォームはこちら